消費者金融 中央リテール

中央リテールは特殊?消費者金融でも申込みに制限がある場合とは

銀行からの融資が断られた場合に

銀行はお金を借りる先として人気ですが、審査が厳しく誰でも使えるというわけにはいきません。むしろ私みたいな契約社員だと非正規雇用としてより厳しい目で見られてしまい、融資額が少ないどころか審査落ちだって珍しくありません。

実際に私がお金に困った時も銀行にカードローンを申し込んでみたのですが、私が契約している会社はあまり有名でなく給与も安い為に、希望額が大きすぎたせいもあってか審査に落ちてしまいました。私みたいな低所得の人間にこそこうした融資の門戸を広げて欲しいものでしたが、それとは逆光しているような融資のルールが残念で仕方ありません。

とにかくお金が必要だった私は知人についつい愚痴ってしまったのですが、その知人も融資については色々と知っていたようで、その時に良いことを教えてもらったのです。それは、私のような場合は消費者金融に申し込む方が確実ということです。

消費者金融というのは審査基準が基本的に銀行よりも緩いとされており、収入が多少少なくても借りやすいというのは現状の私にとってはありがたい点です。実際に私の同僚で同じ境遇に嘆いている人でも多くは消費者金融に頼る事で解決しており、私も消費者金融に申し込むと決意しました。

消費者金融は誰にとっても使いやすい借り入れ先

消費者金融と一言で言ってもそれに該当する業者は多く、私が検索してみただけでも数えきれないくらいの名前が出てきました。金融業者には今でも詐欺も多いと言われているのですから、十分な注意が必要ですよね。

そんな中私が見つけたのは消費者金融の中でも条件が良さそうな中央リテールという業者でした。本当ならここにしようかとも思ったのですがよくよく確認してみるとおまとめローン専用と書かれており、私はその時点ではまだお金を借りていなかったので残念なが使えませんでした。

このように消費者金融にも特定の条件でのみ使える業者というのが存在しているので、しっかりと見てから申し込まないと無駄足になるようでした。大体大手として有名な消費者金融は普通に使えて申し込めるところばかりなので、こちらに申し込む方が無難そうですね。

実際に私が借りる事になったのは大手消費者金融のカードローンでしたが、銀行に比べて金利こそ平均的に高いものの、使い勝手などでは決して劣っていないし、何より金利だって返せないほど高い事も無いので安心です。

特に私みたいにカードローンを作りにくい人間にとっては、作れるという事自体が大事なので、不満は全くありませんでしたね。

低金利で借金をするための条件とは?信用と金利の関係について

私たちは、お金を借りる時に、できる丈金利を安くして借りたいと考えます。逆に、貸す側である金融業者は、利益を上げるために、できるだけ金利を高くして貸したいと考えます。しかし、両者の思惑がぶつかることによって、双方がどこかで妥協をしなくてはいけません。そこで、金融業者は、信頼という考え方を取るようにしました。これにより、金利設定に合理的な理由をつけることに成功し、高金利で、貸し出すことを可能にしたのです。今回は、信用と金利の関係について考えていきます。

信用とは、簡単に言えば、貸した金がどのぐらいの確率で返してもらえそうかということを数値化したものです。信用が高いと判断された場合、ほぼ確実に返してくれるなら、低い金利で貸そうと金融業者は考えます。そして、信用が低いと判断された場合、返ってくるのか不安ということで、高い金利をつけて貸そうと考えたのです。一見すると、返ってこなくなりそうな方は、金利を抑えたほうがいいように思えますが、考え方が違います。信頼できないからこそ、高い金利をふっかけるのです。つまり、金融業者としては、信頼できる顧客を多く集めたいのです。そのため、信頼できない顧客は欲しくないので、金利を高くつけて、ふるいにかけるのです。

この考え方がわかりにくいと思うなら、人間関係での金のやり取りについて考えればわかりやすいです。例えば、2人の友人がいるとして、1人は非常に信用できる友人だとします。この人は借りたものは必ず返す人で、今までもそうだったとします。この人の信頼評価は、最高クラスです。もうひとりは、お金にルーズな人です。いくら借りたのか忘れることもあり、過去に金銭トラブルになったこともある人だと仮定します。この場合、もしこの2人に同じように金を貸して欲しいと言われたら、どちらに貸したいと思うかということです。当然、前者でしょう。後者には、できるだけ貸したくないのですが、あからさまに拒否すると、印象が悪くなり角が立つので、あくまで、許可の姿勢をとりつつ、利息を要求して、相手の方から拒否させるように仕向けます。それでも、借りたいと言ってくるようであれば、仕方なく、高利で貸すことにするのです。

これと同じようなことを企業レベルでするのです。そのため、信頼できる人には、低金利で貸し、信用できない人には、貸したくないけど、一応高金利で貸すという戦略をとるのです。これが、信用と金利の関係です。消費者金融と銀行は、金利で差がありますが、要は考え方の違いなのです。消費者金融は、信用できない人にもどんどん貸して、金利によっても受けようとする考え方です。なので、審査が甘く、金利が高いのです。銀行は、反対に信用できる人を厳選して、その人たちにだけ、低い金利で貸し出しを行います。先ほどの例に近いのが、銀行でしょう。そのため、消費者金融とは反対に、審査が厳しく金利が低いのです。その仕組みを理解しておけば、それぞれの目的にあった借り入れができます。

最後に、信用の測り方ですが、どこの金融業者でもやっているのは、いくつかの観点から、総合的に判断する方法です。代表的な評価基準は、職業、勤務年数、家族構成、年収、住居形態、過去の金銭トラブルの有無、クレジットカード履歴、本人の年齢、他の金融機関の利用履歴などから、その契約者の信頼度を決定します。

銀行よりいい?消費者金融が個人借入利用者に人気の理由とは何か?

金融業者から資金を調達するときに、重要な観点はいくつかありますが、その中でも、金利の高さは、借り入れをする人のほぼ全員が気にする内容でしょう。金利は、当然ですが、低いほうが、返済するときに余計な金を払わなくていいので、金利が低い金融業者を選ぶのが借り入れの鉄則とも言われています。しかし最近、異なる考え方が出てきました。金利の高さを二の次にして、借りやすさと、そのあとの利便性を最優先する考え方が、消費者借り入れの主流になってきたのです。今回は、新しく生まれた消費者金融を優先する理由に付いて、考えていきたいと思います。

借入先として、金利面で最も有利なのは銀行です。倒産する可能性が非常に低く、金利の業界では最も低いです。借入先としては、とても優秀で、消費者にとって最も安心してお金を借りることができる業界です。しかも、銀行からの借り入れは貸金業法の規制を受けないので、総量規制の対象とはなりません。そのため、自身の年収を超える借り入れさえできるという点も利点です。

一方、消費者金融の優れたところは、なんといっても、そのスピードです。借り入れを申し込んだその日に融資を受けることもできますし、自宅にいながらでも、申し込みをすることができます。さらに、銀行よりもはるかに審査に通りやすく、広い範囲の消費者の借り入れをカバーしています。短期間の借り入れであれば、消費者金融の方が銀行よりも優れていると筆者は考えています。

さて、消費者金融が銀行より優れているのは、借りやすさにおいてと、借り入れまでのスピードです。最近の利用者の傾向は、長期多額の借入ではなく、短期少額の借り入れが多いのです。そのため、審査に時間がかかる銀行よりも、すぐにお金が欲しい消費者のニーズに合致しているのは、消費者金融なのです。なので、金利面にアドバンテージがある銀行よりも、多少金利が高くても、すぐに資金調達できる消費者金融の方が人気が出やすいのです。しかも、短期で借りるため、金利の差は、あまり気にならないことが多く、銀行は、借り入れのメリットが薄れてしまっているのです。

そうした背景もあって、消費者金融は、銀奥よりも手軽に資金を調達できると考えられるようになりました。どちらを利用するかは、その人の目的にあった方を選ぶというのが、基本ですが、最近の主流は、消費者金融になりつつあるというのが現状です。

マイバンクはヤミ金?情報が少ない業者の調べ方と借り入れの注意点

マイバンクという金融業者は、情報が少ないために、憶測を呼んでいます。情報が少ない場合、人は、その少ない情報を信ぴょう性の高い情報と誤認しやすくなるという特徴があります。そのため、少ない情報にマイナスイメージが付与された情報がたくさんあると、調べた人は、あたかも、それが真実であるかのように錯覚してしまうのです。そうした問題もあって、消費者金融の口コミや評価は、非常に、各担当者も注意を払っています。なぜなら、消費者金融で悪い評判が広まるということは、悪徳金融のレッテルを貼られることに等しいからです。無論、実情はそうではないかもしれませんが、昨今、これだけの数の消費者金融が激戦状態になっている状況では、悪い評判が広がることは、死活問題になりかねないのです。

さて、インターネットで情報を収集すると気に、気をつけなければいけないことは、情報が少ない時に、その情報を信用しないことです。例えば、どこかの店の評判を知りたい時に、通常、私たちは、検索エンジンに対象の店名+評判などというキーワードで調べようとします。そして、その検索結果で上位のサイトをいくつか見て回り、それを参考にしようとします。知名度が高い対象であれば、その評判の数も多く、客観的に判断することもできるのですが、あまり知られていない対象の場合、その評判の数は非常に少なくなります。そんな中で、その少ない情報を鵜呑みにするのは、適切な判断ではないということです。

ある特定の対象の評価や、評判を知りたいと思ったら、最低でも50件以上の評価を調べるのが基本です。第三者の評価は、その本人の主観によって行われているので、客観的な意見として参考にするためには、とにかく数を集めなければどうしようもありません。

消費者金融は、評価が少ない企業が闇金ではないかと疑われることが多いですが、そんなことはありません。評価が少ないのは、単に知名度が低いだけであって、悪徳金融だからではないのです。どうしても不安だというのであれば、大手の消費者金融を利用すればいいだけです。しかし、中小の消費者金融が、問題されやすいのは、構造的な問題もあります。

私たちが消費者金融を利用するときに真っ先に考えるのは、闇金に引っかかりたくないということです。そのため、大手の消費者金融を優先的に選びます。中小の消費者金融は、利用者が集まらないので、資金繰りが厳しくなります。そのため、信頼できる利用者を優先的に選ぼうと考えます。利用者を選別するには、審査を厳しくする必要があります。誰にでも貸すと、リスクばかり高くなるからです。すると、審査が厳しくなり、審査に落ちる利用者が増えます。審査に落ちた利用者は、その金融機関は審査が厳しくて、借りることができないといった評判を流します。マイナスの評判は、プラスの評判よりはるかに発信されやすいのです。そして、その中小の消費者金融は借りにくいという評判が出来上がります。すると、利用者がさらに減り、あとは、先ほどの繰り返しになります。こうした事態に発展する可能性があるので、中小の消費者金融は、審査に人一倍注意しているのです。

そのため、私たちも、借り入れをする時に注意しなくてはいけません。中小の消費者金融は、「審査がゆるい=優良な企業」ではないということを認識しておかなくてはいけません。そして、インターネットなどの情報を参考にするときは、少ない情報に完全に頼ることをしてはいけません。

利用しやすいけど知らないと怖い!ネット消費者金融の実情

ネットを利用した借り入れは、非常に利便性の面では、優秀です。しかし、それゆえに、私たち借り入れを行う側には、気をつけなければいけないことがあります。ここでは、インターネットを利用した借り入れで私たちが、注意しなくてはいけない考え方について説明していきます。

インターネットを利用した借り入れでは、通常の消費者金融にもうはるかに簡単な手間で資金を調達することができます。同時に、返済方法も簡単で、いかにも借り入れの一連の流れが簡単であるという錯覚を与えるコマーシャルをしています。確かに、それも一つの面では事実です。従来の消費者金融や銀行の借り入れの流れに比べて、インターネットを利用した借り入れは、手間も、難易度も段違いに簡単です。しかし、簡単であるがゆえの問題点も発生します。それが、私たちの債務意識の希薄化です。

簡単に借りることができるということと、簡単に返すことがで言うことは、同じ意味ではありません。当然のことですが、借り入れを繰り返せば、その文だけ、返すための負担が増していきます。インターネットによる借入は、こうした感覚を狂わせてしまう可能性が高いのです。そのため、インターネットの借り入れを利用するときには、事前の計画を十分に立てることが重要になります。

また、自宅からでも申し込むことができる手軽さ故、消費者金融を利用するという考え方自体が変わりつつあります。ですが、その本質は、高金利の資金調達方法だということを忘れてはいけません。それを踏まえたうえで、インターネットを利用することは、私たちの生活をより便利にしてくれるでしょう。

借り入れから返済まで来店不要の消費者金融は何が得なのか?

借り入れから返済まで、消費者金融に一度も足を運ばなくてもいいような消費者金融が増えてきています。インターネットで申込をして、本人確認や収入証明書類を郵送によってやり取りして、返済をATMによって行うことで、消費者金融に行かなくても一連の借り入れ行為をすることができるようになったのです。こうした仕組みは利用者によって、どんなメリットがあるのかについて解説していきたいと思います。

まず、申し込みをすることができるのは、直接店頭に出向いて行うことのほかに、インターネットを利用して自宅や、会社から行うことができます。このメリットは、情報の収集の効率化と、消費者金融の比較を同時に行うことができるようになることにより、自分にとって、最も得になる選択をしやすくなることが考えられます。つまり、どこの消費者金融を利用しようかという選択を、インターネットなどで情報を集めつつ、各消費者金融のサービスをリアルタイムで比較することによって、適切な選択をしやすくなるのです。

次に、郵送によって書類のやり取りをすることにより、時間にとらわれずに続きをすることができます。実際に店舗で行うよりも時間をかけて書類に不備がないかを調べられるので、記入ミスを減らすことができます。また、書類作成で分からないことがあっても、電話やインターネットですぐに解決できるので、窓口で書く事によるメリットと同じ利便性を確保できます。

そして、最後に返済ですが、来店不要の借入で一番メリットがあるのは、おそらくこの返済過程においてだと思われます。非常に交通アクセスの面で有利であり、手間を大幅に減らすことができます。今でこそほとんどの消費者金融で取り入れられているこのATM返済ですが、かつては、わざわざ消費者金融まで行かなければいけなかったため、その返済の手間が非常に大きかったのです。

こういったいくつかの理由があり、来店することなく消費者金融を利用できる仕組みは、月日を重ねるごとに進歩してきました。消費者金融にとって重要なのは、如何に利用者が快適に借入を行うことができる環境を作れるかどうかなのです。そういった背景もあり、消費者金融の利便性は、銀行の借り入れをはるかに凌ぐようになりつつあるのです。

働いていない学生は消費者金融を利用できるの?消費者金融の考え方

大学生が消費者ローンを利用しようとした場合、高確率で、収入の証明するように求めてきます。アルバイトなどを長期間やっている場合は、証明として通用するのですが、働いていない大学生は、消費者金融から借入をすることは、かなり難しくなります。

それでも、急に資金が必要になった時には、突然バイトを始めたところで、消費者金融から借入をすることは難しいです。通常、勤続年数をチェックされるので、ほんの少し前にアルバイトをしたところで、働いていないとみなされるのが関の山だからです。そのため、働いていない大学生が消費者金融から借入をしようとする考え方の根本的な変更が必要になってくるのです。

大学生が、資金調達の先として最も便利なのが、大学生ローンです。これは、学生証の提示さえあれば、ほとんどの場合、借り入れをすることができるので、消費者金融よりよほど賢い選択と言えるでしょう。ただし、注意しなくてはいけないのは、大学生ローンの金利も消費者ローンとほぼ同じであるということと、借りることができる金額は、消費者金融よりもさらに低いということです。それらの踏まえたうえで、それでもいいというのであれば、借り入れの難易度も低く、複雑な証明の必要のない大学生ローンは非常に優秀な借入先となるでしょう。

最後に、働いていない大学生が借入をすることは、筆者としてはあまり推奨しません。返済ということを失念している学生が多いこともそうですが、素直に周囲の人間に頼ったほうがいい場合がほとんどです。商者金融やもっと悪質な闇金に手を出すよりはいいのですが、それでも、こういった金融業者を安易に利用すると、後々問題になるケースが多いからです。

大学生が借り入れをするときに窓口担当官は何を見ているのか?

消費者金融は、年齢制限が20歳以上なので、場合によっては、大学生であって、借り入れを利用することができます。では、もし大学生が借入の申請をした場合には、どのぐらいの確率で借入をすることができて、窓口の担当者は、何に注目して審査を行うのでしょうか。今回は、大学生の借り入れについて考えていきたいと思います。

大学生といっても、法律的には、既に成人です。そのため、大学生だからといって、審査などで優遇措置をとることはありえません。普通の契約申請者と同じように審査をしていきます。当然のことですが、大学生の場合、雇用関係にはありません。立場は、あくまで学生なので、いくら例外なく審査するといっても、その点だけは、特例として、別の審査基準になります。とは言っても、基本的な審査基準は変わりません。つまり返済能力がどの程度あるかということを重点的に見られるということです。大学生の場合、企業との雇用形態は、アルバイトであることが一般的なので、最低でも、アルバイトをしていて、定期的な収入を確保できるかが問題になります。これを満たしていない場合、大学生で消費者金融から借入をすることは不可能に近いでしょう。仮に出来たとしても、無職と同等の扱いになるので、融資額の目安は、10万円から30万円の間になるでしょう。

大学生で消費者金融に頼らなくてはいけないという状況そのものが特異なものなので、一概には言えませんが、10万円以上の資金が必要になるケースが非常に稀です。学費であれば、学校の支援の仕組みを利用すれば、何とかなるケースもあり、そもそも大金を必要とするケースが少ないのが大学生です。30万円以上の資金を消費者金融から調達しようとするのは賢くありません。返済に苦労することが多く、下手をすると、自分だけでなく、周囲を巻き込む金銭トラブルに発展する可能性もあります。

では、大学生が借入を申し込んだ時に、担当者はどこを見ているかというと、返済能力はもちろんですが、その資金を必要とする理由に注目していること多いいです。なぜその資金が必要なのかということは、通常は気にしないのが消費者金融と特徴ですが、こと学生の借り入れに限っては、審査の項目に加わっている可能性が有ります。目的が浪費であった場合、返済能力が高いと認められないと借り入れをすることができないこともあります。また、本人の話し方や性格をチェックしているケースも希にあります。借金を返せそうなタイプかどうかを面接のように見ているのです。その理由は、学生という社会的責任が曖昧な立場のものが、借り入れに対してどの程度の考え方を持っているかを調べるためです。

最後に、大学生で消費者金融で借入をしたいと思ったら、まず、最低でも半年前からアルバイトをしておくことです。そして、担当者に、資金が必要な納得できる理由を用意することです。

意外と身近?消費者金融の利用者数の概要と実態について

消費者金融は、かつては、闇金や街金といったイメージが強く、ごく限られた人しか利用していませんでしたが、近年に入って、消費者金融のイメージは大きく変わりました。それに付随して、テレビのコマーシャルメッセージの大量放映や、かつての悪いイメージを払拭しようとした必死の宣伝の効果もあり、消費者金融は、国民にとって身近なものになりました。

現在、消費者金融を利用している国民の数は、述べ1300万人とも言われています。日本の総人口のおよそ1割は、消費者金融を利用したことがあるというぐらいに、国民にとっては、意味の大きな仕組みになりました。借り入れをするときは、本来であれば、銀行を利用したほうが金利が低く、自身の負担にならないのですが、銀行の借り入れを利用する人よりも、消費者金融を利用する人の方が圧倒的に多いのが現状です。

銀行より消費者金融が重宝される大きな理由は、その迅速さにあるとも言えます。資金が必要のなったときは、普通はすぐに必要になることが多いです。できれば当日、遅くても1~2日後には、資金を用意したいと考える人が大部分です。銀行に借入の申し込みをした場合、申請、手続き、審査、承諾、融資までの流れに非常に時間が掛かり、とても当日や翌日に借入を行うことができないのです。金利が低い反面、スピードでは、消費者金融に大きく遅れをとるのが銀行です。一方、消費者金融は、金利こそ高いですが、申し込みをしたその日に融資をしてくれることが多く、利便性で優れています。

そういった背景もあり、消費者金融は、国民の実生活に貢献しています。しかし、同時に、消費者金融の問題は、依然として存在しています。消費者金融の問題は、闇金融の問題と契約者自身の問題の分類されます。消費者金や身近になったからこそ発生した問題もあります。消費者金融を利用するときは、返済の計画を立てるのは当たり前ですが、金利の計算を間違えていたり、予想外の出費が発生し、返済が困難になるケースなど、予想外な部分から、問題に発展するケースがあります。気をつけて利用することが最も重要なことなのです。

借金が減る?借り入れの一本化のメリットと注意点を解説します!

借り入れの一本化をすると、複数の借金をまとめて管理できるようになる他に、金利の低い消費者金融や、銀行などを利用することによって、返済すべき借金の合計を減らすことができるというメリットがあります。今回は、借り入れの一本かのメリットと、その注意点について解説していきます。

まず、基本的なことですが、借り入れの一本化をするためには、複数の金融業者に対して借入がしてあることが条件になります。次に、そのどこにも属していない他の金融機関に一本化の申請を行い、それが受理されることが必要です。この時、私たちのほとんどは、金利の少ない消費者金融ないしは銀行で、借り入れの一本化をしたいと考えるはずです。しかし、金融業者から見れば、複数の借金をしている利用者は、あまり引き受けたくない利用者でもあります。そのため、通常の借り入れよりも、審査が厳格化する可能性が高いのです。

借り入れの一本化のメリットは大きく分けて二つです。管理の効率を上げることと、金利を下げることによって、合計借金額を減らすことです。管理の煩雑さは、多くの場所から借入をすればするほど面倒になっていきます。そのため、できれば、少ない金融業者に絞るのが賢明な借り入れなのです。また、金融業者によって、金利の幅は様々です。金利が低いところもあれば、高いところもあります。そのため、返済の手間が増え、資金管理がしにくいという点があります。借り入れの一本市は、こういった問題を解決するのに役に立ちます。

一方、問題点もあります。まずは、前述した審査の厳しさです。一本化をするためには、まとめる借り入れの合計が、自身の返済能力と釣り合っていなければいけません。一本化をする金融機関は、その契約者の借金を全て引き受けるため、その本人が本当に返済を完了できるのかを非常に厳しくチェックします。通常の借り入れの何倍も厳しい審査になると考えるべきです。加えて、消費者金融の借り入れ一本化の金利は、それほど低くなりません。そのため、下手な返済計画を立てると、元の状態よりも負担する額が最終的に増える危険性があります。申し込む前に、ある程度、自分自身でシミュレーションをしてみることを勧めます。

借金が家族に発覚!?消費者金融の郵便物が自宅に届く場合とは?

消費者金融で借金をしたという事実は、出来ることなら家族には、知られたくないという人が多いです。そのようなタイプの人が不安に感じるのが、自宅に消費者から郵便物が届いた時に、家族がそれを発見して借金をしていることがバレるのが怖いというケースです。今回は、消費者金融から郵便物等が自宅に届くのは、どんな時なのか解説していきます。

まず、申し込み段階の時に消費者金融などから自宅に何か届くということはひとつのケースしかありえません。申し込み完了後、本人の確認のための書類が届くケースです。しかし、この場合も、家族に借金が発覚することはほとんどありません。書類は、本人のみしか開けられないように封がされており、差出人の部分も、ひと目で消費者金融からだとはわからないようになっています。

注意するべきなのは、もうひとつのケースです。返済過程で、債務不履行になった場合です。長期にわたる延滞や、連絡などを怠った上でも滞納行為などによって、適切な返済が行われない場合です。この場合、催促状というものが自宅に届くことがあります。この内容は、期日までに返済が行われなかったので、指定期日までに改めて返済を行うように指示した内容です。この催促状には、本人確認書類の確認の時のようなオブラートは一切ありません。見た目が手紙で、表面にそのような内容が記されており、誰が見ても、借金の滞納による催促状だと一目見てわかるように記載されています。もし、この書類がほかの家族の目に触れた場合、借金をしていることはもちろん、その借金を返しきれていないという事実までも発覚します。

そのため、家族に借金を知られたくなければ、返済を忘れずに行うことが重要なのです。期日内に返済をしている限り、消費者金融から、自宅に何かが送られてくるということはありません。しかし、問題行動をすると、そんなプライバシーはお構いなく、催促状が届きます。家族に知られたくなければ、返済は遅らせないようにしましょう。